新築の屋根の上にアンテナを立てるのは嫌!知ってます?目立たないアンテナがある事を

デザイン性に優れたアンテナを設置する

新築の家を建てた時、当初の契約をしていなければ地デジのアンテナは設置されていません。もちろん設置を依頼すればしてもらえますが、通常のアンテナは針金を組み合わせたようなタイプです。よくある住宅の風景ではあるものの、スタイリッシュな新築住宅の上に設置すると、せっかくの住宅が台無しになるときがあります。その時はアンテナの設置会社に相談してみましょう。実はアンテナにはいくつかの種類があります。デザインアンテナと呼ばれるものがあり、こちらは針金状のものではありません。パネルのような見た目で、大きさもいろいろあります。屋根の上に設置しても、住宅と一体化したように見えるものもあります。住宅に合うものを見せてもらうと良いでしょう。

屋根裏に設置すればアンテナは見えない

電波を受信するタイプのテレビ放送として、衛星放送と地上波放送があります。衛星放送はパラボナアンテナと呼ばれるアンテナを設置します。空に向くように設置するので、必ずしも屋根の上に設置する必要はありません。一方地上波放送は、その付近にある電波塔から受信をします。高い山などから発信されているもののいろいろな障害物があるので、できるだけ高い位置にアンテナをつけなくてはいけません。一般的には屋根上に設置するため、住宅の見た目に影響を及ぼしていました。新たな設置方法として屋根裏への設置があります。もちろん外からはアンテナは見えません。その代り通常とは異なる工事が必要になります。アンテナ設置会社に相談してみましょう。